• アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g
  • アンティカ・オステリア・カルネヤ	サルシッチャのトマトソース 200g

アンティカ・オステリア・カルネヤ サルシッチャのトマトソース 200g

通常価格  ¥1,296 ¥1,166 (税込) 10% OFF

※軽減税率(8%)

NEW
サルシッチャのトマトソース
フェンネルやスターアニスが香るサルシッチャを合わせた、濃厚な味わいの中に爽やかさを感じるトマトソース。赤ワイン、ペコリーノ・ロマーノを加えることで、コクと旨み、複雑味のあるソースに仕上げています。
  • お召し上がり方

    おいしい食べ方
    1.パスタ100gを茹でる。
    2.ソース1缶をフライパンに入れ、弱火で温める。
    3.2と茹で上がったパスタを絡めて出来上がり。
    Tips 仕上げに黒コショウをかけると、さらにおいしくお召し上がり頂けます。
    相性の良いパスタ:スパゲッティ、タリオリーニ
  • つくり手の紹介

    アンティカ・オステリア・カルネヤ
    おいしいの集う町、東京・神楽坂に店を構える「熟成牛のはしり」ともいわれるイタリアン。親近感のある気さくな雰囲気で、近隣の常連客にも愛される。
原材料 トマトピューレ(イタリア製造)、豚肉(ウデ、カシラ)、ワイン、ナチュラルチーズ(生めん羊乳、食塩)、砂糖、食塩、オリーブ油、あさり、にんにく、香辛料/ 糊料(加工でんぷん)
栄養成分表示【1缶(200g)当り】(推定値)
エネルギー 228kcal、たんぱく質 14.2g、脂質 10.2g、炭水化物 14.6g、食塩相当量 2.0g
内容量 200g
保存方法 直射日光、高温多湿の場所を避け常温保存。
原産国 日本 東京
発送日目安
通常配送(3~6営業日)
お支払い方法
クレジットカード , あと払い(ペイディ) , Amazon Pay , 代引き , 楽天ペイ

※送料・お届けについての詳細は「ご利用ガイド」をご確認ください。

レストランシェフとつくる、
「シェフズパスタソースコレクション」

温めてパスタに絡めるだけの「シェフズパスタソースコレクション」。地域で愛される評判のレストランのひと皿が、ご自宅で気軽にお召し上がりいただけます。
料理通やお肉好きを惹きつけてやまない『アンティカ・オステリア・カルネヤ』の、お肉を堪能するパスタソースが登場です。

01

チーズのコクと爽やかな香辛料がアクセントの 「サルシッチャのトマトソース」

イタリアの腸詰め、サルシッチャのおいしさが溶け込んだ、長沼シェフいわく「ソースを食べるパスタソース」。トマトとサルシッチャという王道の組み合わせは、お店でも季節を問わず愛されています。
その理由は、味わいに奥行きを加える、独特のコクと風味にあり。スターアニス、茴香(フェンネルシード)、ニンニク、黒こしょうといった香辛料と、羊のミルクからつくるイタリアの伝統的なチーズのペコリーノ・ロマーノを使用。パスタにまとったソースから伝わる、まろやかで芳醇なチーズの旨味と、スターアニスや茴香の爽やかな香り。シェフが「ソースだけでも十分たのしんでいただける」と胸を張るひと品です。

02

ソース自体にチーズが入っていますが、もっとチーズを感じたければ、お好みでパルミジャーノなどのチーズを振りかけても。また、仕上げに黒こしょうをかけると、スパイシーな香りでソースの酸味がまろやかになります。

03

HOW to|おいしいつくり方

ソースをフライパンにあけて弱火で温めたら、茹で上げたパスタの水分をしっかり切り、絡めます。この時、ソースを加熱し過ぎないように。チーズを使用しているので、グツグツすると粘りが出たり香りが飛んだりしてしまいます。

スパゲッティはもちろん、タリオリーニなど細いパスタならソースが絡みやすく、旨味をなお受け止めてくれます。

07

つくり手紹介|『アンティカ・オステリア・カルネヤ』

おいしいの集う町、東京・神楽坂に店を構える「熟成牛のはしり」ともいわれるイタリアン。親近感のある気さくな雰囲気で、近隣の常連客にも愛される。

長沼 剛司 シェフ
1983年、埼玉県出身。寿司屋、イタリア料理店を経て、2007年に『アンティカ・オステリア・カルネヤ』のシェフに。同店は、お肉料理のプロフェッショナルである高山いさ巳シェフのもと、2007年にオープン。現在は、長沼シェフがメインシェフとして厨房に立つ。

BLACK  FRIDAY

SHOP BY CATEGORY